株式会社せら

住宅環境のカビ問題

メールお問い合わせ 公式LINEからお問合せ

高気密高断熱住宅のカビ

高気密高断熱住宅のカビ

2023/04/03

高気密高断熱住宅のカビ問題をMIST工法Ⓡカビバスターズが解決します。

断熱効果で快適な住まいに、カビは不要!MIST工法Ⓡカビバスターズが高気密高断熱住宅のカビ問題を解決!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。カビ取り・カビ対策専門業者MIST工法カビバスターズ本部の株式会社せらです。

今回は、高気密高断熱住宅におけるカビ問題に焦点を当て、MIST工法Ⓡカビバスターズがどのように解決するのかをご紹介します。快適な住まいを実現するためには、断熱効果は欠かせませんが、その一方でカビの発生が懸念されることも。そんなお悩みを抱えている方に、MIST工法Ⓡカビバスターズが提供する解決策をぜひご覧ください。

目次

    高気密高断熱住宅とは

    快適な住まいを実現する高気密高断熱住宅とは? その特徴とメリットを解説

    高気密高断熱住宅は、外気からの熱や湿気をできる限りシャットアウトし、室内の熱や湿気を逃がさないようにした住宅のことを指します。高気密高断熱住宅は、快適な室内環境を実現するために、断熱性能や気密性能を高めることが重視されます。そこで、高断熱材や高性能の窓を使用し、建物の隙間をなくして気密性を高めることで、外部の熱や湿気をシャットアウトし、内部の熱や湿気を逃がさないようにすることが重要です。

    高気密高断熱住宅のメリットは、住宅内の温度や湿度が安定しているため、冬場でも暖房をつけずに過ごせるほど快適な室内環境が実現できることです。また、外部からの騒音やダストの侵入が少なく、花粉症などのアレルギー症状の軽減にもつながります。さらに、高気密高断熱住宅は、エネルギー消費量が少なくなるため、光熱費の節約につながることもメリットの一つです。

    しかし、高気密高断熱住宅には、カビ発生リスクがあります。高気密高断熱住宅は、建物内に水蒸気を蓄積させやすく、換気不良により湿度が上昇し、カビの発生を促進するためです。特に新築の高気密高断熱住宅は、外気や地盤からの湿気が十分に除去されていない場合があるため、カビの発生リスクが高くなる傾向があります。

     高気密高断熱住宅のカビ発生原因とは

    密閉性が高い住宅に潜むカビの危険性とその原因を解説

    高気密高断熱住宅は、外気からの侵入を極力抑えることで、冬暖かく、夏涼しい快適な住まいを実現することができます。しかし、このような高気密高断熱住宅には、カビの発生リスクが潜んでいます。この記事では、高気密高断熱住宅におけるカビ発生の原因とその危険性について解説します。

    まず、高気密高断熱住宅におけるカビの発生原因として、密閉性が挙げられます。高気密高断熱住宅では、外気の侵入を抑えることで省エネ効果を発揮しますが、同時に室内の湿気や汚染物質も排出できず、湿度が上昇することがあります。湿気が多い状態が続くと、壁や天井、床などの表面にカビが発生しやすくなります。

    また、高気密高断熱住宅におけるカビの原因として、基礎のコンクリートの水分が挙げられます。コンクリートは硬化するまでに時間がかかり、その間に水蒸気を発生させます。そのため、建築後2年程度はコンクリートから湿気が発生することがあり、その湿気が壁や床に移動してカビの発生原因になります。

    高気密高断熱住宅におけるカビは、健康被害や住宅の傷みなど、様々な問題を引き起こす可能性があります。特に、アレルギーや喘息などの呼吸器系の病気を持つ人や、小さな子供がいる家庭では、カビの発生による健康被害に特に注意が必要です。

    高気密高断熱住宅におけるカビの発生リスクを軽減するためには、湿気の発生を抑える対策が必要です。具体的には、換気や除湿の設備を導入することや、家具やカーテンなどの調湿効果のあるアイテムを使うことが挙げられます。

    また、高気密高断熱住宅では、換気が不十分な状態で生活することが多いため、室内の湿気が溜まりやすくなっています。さらに、住宅の断熱性能が高いため、外気との温度差が大きくなり、結露が発生しやすくなっています。このような状況下で、カビが繁殖することになります。

    新築の場合でも、基礎のコンクリートがまだ十分に乾燥していない状態で建てられている場合があります。コンクリートには水分が含まれており、硬化するにつれて水分が放出されますが、この過程で室内の湿度が上昇し、カビが発生する可能性があります。また、建材や内装材にも湿気を含んでいるものがあり、これらがカビの繁殖源となることもあります。

    以上のように、高気密高断熱住宅にはカビが発生しやすい環境が存在します。そのため、適切な対策が必要となります。次の節では、高気密高断熱住宅でのカビ対策について解説します。

     MIST工法Ⓡカビバスターズが解決する高気密高断熱住宅のカビ問題

    最新技術でカビの原因を徹底的に排除し、健康的な住環境を実現する方法とは?

    高気密高断熱住宅は、快適で省エネルギーな住まいとして注目されていますが、その一方で、カビの発生リスクが高まるという問題もあります。特に、床下や壁内など密閉性が高い場所では、湿度が上昇しやすく、カビが繁殖しやすい環境になっています。さらに、新築住宅でも、建築中に水分が含まれたコンクリートが使われていた場合や、梅雨時などに建物内部に湿気がこもることで、カビが発生することもあります。

    そこで、MIST工法Ⓡカビバスターズが注目されています。この技術は、最新の除菌・消臭技術を採用し、カビの原因となる真菌や雑菌を徹底的に排除することで、健康的な住環境を実現するものです。また、施工前には真菌検査を行い、カビの汚染範囲を確定し、施工後も同様に真菌検査を行うことで、カビの胞子が安全値に下がったことを確認しています。下がらない場合は、カビ取りを再施工しているため、安心して利用することができます。

    さらに、MIST工法Ⓡカビバスターズでは、含水率調査を行うことで、建材に含まれている水分量を測り、カビが発生する可能性を確認しています。この調査によって、カビの発生リスクが高い箇所を特定し、必要に応じて適切な処置を行うことで、より効果的にカビ対策を行うことができます。

    また、床下にはスカイドライ設置による除湿機を設置することで、湿気を取り除くことも可能です。これにより、床下の湿度を低く保ち、カビの発生を防ぐことができます。

    MIST工法Ⓡカビバスターズは、最新技術を駆使して、高気密高断熱住宅のカビ問題を解決するための効果的な方法となっています。快適で健康的な住環境を実現するためには、カビ対策に積極的に力を入れております。

    MIST工法Ⓡカビバスターズは、高気密高断熱住宅に潜むカビの原因を徹底的に排除することで、健康的な住環境を実現するための最新技術です。具体的には、施工前に真菌検査を行い、カビの汚染範囲を確定した上で、除湿機(スカイドライ設置)を利用して床下の湿気を除去し、含水率調査で建材に含まれる水分量を測定して、カビが発生する可能性を確認します。

    また、施工後にも同じく真菌検査を行い、カビの胞子が安全値に下がったことを確認しています。もし胞子が安全値以下に下がらない場合は、カビ取りを再施工しているため、安心して住環境を維持することができます。

    MIST工法Ⓡカビバスターズは、徹底的なカビ対策だけでなく、高気密高断熱住宅のエネルギー効率を高めることも可能です。カビの原因である湿気を徹底的に除去することで、室内の湿度を安定させることができ、冬は暖かく、夏は涼しく快適な住環境を維持することができます。

    高気密高断熱住宅は、快適でエネルギー効率の高い住まいとして注目されていますが、カビの発生リスクも高いという問題があります。しかし、MIST工法Ⓡカビバスターズのような最新技術を利用することで、カビのリスクを大幅に低減し、快適で健康的な住環境を実現することができます。

    また、MIST工法Ⓡカビバスターズでは、床下に専用の除湿機であるスカイドライを設置することで、湿気の蓄積を防ぎます。床下に湿気がこもってしまうと、カビの繁殖原因となるため、これを防ぐことがカビ対策には非常に重要です。

    さらに、施工前には真菌検査を行い、カビの汚染範囲を確定します。施工後にも同様に真菌検査を行い、カビの胞子が安全値に下がったことを確認しています。もし安全値に下がらない場合は、再度カビ取りを行って対策を継続します。また、建材の含水率調査も行い、カビが発生する可能性がある建材については適切な処理を行っています。

    MIST工法Ⓡカビバスターズは、最新の技術を用いたカビ対策であり、高気密高断熱住宅におけるカビの発生原因を徹底的に排除します。そのため、健康的な住環境を実現することができます。高気密高断熱住宅にお住まいの方は、MIST工法Ⓡカビバスターズに相談して、カビ対策を行うことをおすすめします。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    カビ取り・カビ対策専門業者MIST工法カビバスターズ本部

    0120-052-127(平日9時から17時)

    https://sera.jp

     

    カビの救急箱

    https://kabibusters.com/

     

    【検査機関】

    一般社団法人微生物対策協会

    https://kabikensa.com/

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。