株式会社せら

建物環境のカビ問題

メールお問い合わせ 公式LINEからお問合せ

過敏性肺炎って何?原因や症状、治療法を解説

過敏性肺炎って何?原因や症状、治療法を解説

2023/04/29

過敏性肺炎って何?原因や症状、治療法を解説

最近話題の過敏性肺炎の正体とは?花粉症との違いや予防方法も紹介

んにちは。最近、話題になっている「過敏性肺炎」ってご存知ですか?花粉症と似た症状が現れることから、混同されることも多いようですが、実は全く別の病気なんです。このブログでは、過敏性肺炎の正体や原因、症状、治療法について解説していきます。また、花粉症との違いや予防方法についても紹介します。最後に、MIST工法Ⓡカビバスターズが実施する微生物の見える化によるカビ対策についてもご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

過敏性肺炎とは?症状や原因を解説

呼吸器に異常反応を引き起こす過敏性肺炎の原因と、その症状について詳しく解説します

過敏性肺炎とは、呼吸器に異常反応を引き起こす病気で、アレルギー反応や免疫反応が原因となります。症状は、発熱や咳、息切れ、胸痛などがありますが、人によっては症状が現れない場合もあります。

原因としては、アレルギー反応によるものがあります。例えば、花粉やダニ、ペットの毛やカビなどに対して、アレルギー反応を引き起こすことがあります。免疫反応によるものとしては、薬剤性肺炎や感染症、細菌感染などが挙げられます。また、健康な人でも過敏性肺炎を発症することがあり、原因不明の場合もあります。

症状は、発熱や咳、息切れ、胸痛などがありますが、人によっては症状が現れない場合もあります。重症化すると、肺炎や肺線維症などの合併症が起こることもあります。そのため、早期の診断と治療が必要です。

診断方法は、血液検査や呼吸器検査、CT検査などがあります。治療方法は、原因に合わせた治療が行われます。アレルギー反応によるものは、アレルギー性疾患の治療法が用いられます。免疫反応によるものは、抗生物質やステロイド剤などの薬剤が使用されます。

予防方法としては、原因となるものを避けることが重要です。花粉症やダニアレルギーなどの場合は、マスクの着用や室内での掃除などが有効です。また、過敏性肺炎になるリスクがある人は、定期的な健康診断を受けることが大切です。

花粉症との違いは?診断方法も紹介

過敏性肺炎の診断方法も紹介

過敏性肺炎と花粉症は、共通する症状があるため混同されることがあります。しかし、過敏性肺炎と花粉症は異なる疾患であり、診断方法も異なります。

まず、花粉症は、季節的に起こるアレルギー性疾患であり、主に目や鼻のかゆみ、くしゃみ、鼻水、目の充血などが特徴的です。一方、過敏性肺炎は、呼吸器に異常反応を引き起こす疾患であり、咳、息切れ、胸痛、疲れやすさなどが現れます。

診断方法についても、花粉症は主に症状や血液検査などで診断されますが、過敏性肺炎は、詳しい診察や肺機能検査、胸部X線検査などが必要です。また、過敏性肺炎は、原因物質が特定されている場合には、その物質に対する過敏度を調べるために特別な検査が行われます。

過敏性肺炎の原因には、化学物質や微生物、薬剤などがあります。特に、職場での長期間の化学物質による曝露が原因となることが多いため、職業性過敏性肺炎という病名もあります。一方、花粉症の原因は、主に植物の花粉にあります。

過敏性肺炎と花粉症は、混同されることがありますが、診断方法や原因物質などに違いがあります。自分自身の症状が花粉症なのか、過敏性肺炎なのかを正確に判断するためにも、医師の診察を受けることが大切です。

 MIST工法Ⓡカビバスターズが行う真菌検査について

MIST工法Ⓡによる正確な見える化で、微生物の種類や汚染度を明確に把握

カビバスターズは、カビ対策のプロフェッショナルとして、MIST工法Ⓡを活用したカビ取りサービスを提供しています。その中で、カビの種類や汚染度を正確に把握するために真菌検査を行っています。

真菌検査とは、カビや菌類の種類や数を調べるための検査です。カビバスターズでは、一般社団法人微生物対策協会と連携して、専門的な検査を行っています。検査方法は、MIST工法Ⓡによる見える化検査です。この方法は、特殊な装置を使用して、空気中の微生物を可視化することができます。このようにして、微生物の種類や汚染度を正確に把握し、効率的なカビ対策を実施することができます。

1.落下菌検査について

落下菌は、室内のダストやほこりなどに含まれる微生物の一種で、非常に小さく軽いため、空中中に漂っていることがあります。落下菌は、空気中の微粒子に付着し、部屋の中で動き回ることができます。一般的には、体調不良を引き起こすことはありませんが、免疫力の低下している人や、呼吸器系の疾患を持っている人にとっては、健康被害を引き起こすことがあります。

落下菌は、カビや酵母菌など様々な種類が存在し、室内においては、建材や家具などに付着していることが多く、湿気のある環境では繁殖しやすくなります。特に、浴室やキッチンなどの水回りの場所や、カーテン、じゅうたんなどの室内装飾品に多く含まれます。

落下菌の除去方法としては、定期的な換気や室内の清掃が大切です。また、空気清浄機や加湿器を使用することで、落下菌の浮遊を抑えることができます。しかし、免疫力の低下している人や、呼吸器系の疾患を持っている人にとっては、専門業者による空気検査や除菌処理が必要になる場合があります。

2.同定検査について

カビの同定検査は、カビの種類や量、汚染状況を正確に把握するために行われます。一般的な方法としては、PCR法やDNA配列解析、菌糸培養などがあります。菌糸培養は、カビの種類を特定するために用いられる手法で、試料を特殊な培地に塗布し、カビが繁殖した後に形態的特徴を観察することで種類を同定します。一方、PCR法やDNA配列解析は、カビのDNAを解析することで種類を同定する手法です。これらの検査を行うことで、正確なカビの種類や量、汚染状況を把握し、効果的なカビ取り・カビ対策を行うことができます。

3.含水率検査について

含水率検査は、建材や壁などの素材の含水率を測定する検査です。建物内において、カビが発生しやすい場所として知られているのが、湿気がたまりやすい場所です。建材や壁に含まれる水分量が多い場合、カビが繁殖しやすくなります。そのため、含水率検査を行うことで、カビの発生しやすい場所を特定することができます。

含水率検査は、様々な方法がありますが、代表的なものとしては木材の湿度計を使用する方法があります。湿度計を建材に密着させ、一定時間待ってから測定値を読み取ることで含水率を測定します。このような含水率検査を行うことで、カビの発生が懸念される場所を早期に特定し、適切な対策を取ることができます。

建物内の湿度管理は、カビ対策の基本中の基本です。含水率検査を定期的に行うことで、湿気がたまりやすい場所を早期に特定し、湿度管理を行うことが重要です。また、カビ対策を行う際には、専門の業者に相談することも大切です。MIST工法Ⓡカビバスターズでは、カビの原因となる湿気を除去する施工を行っています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カビ取り・カビ対策専門業者MIST工法カビバスターズ本部

0120-052-127(平日9時から17時)

https://sera.jp

 

カビの救急箱

https://kabibusters.com/

 

【検査機関】

一般社団法人微生物対策協会

https://kabikensa.com/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。